12345 (まだ未評価です。)
星をクリックで評価する
読み込み中...

パパと会う頻度は月に何回?パパ活女子の属性と契約条件別で調査! | パパ活マニュアル

更新日: 投稿日:2020/03/21

この記事を書いたパパ活女子
パパ活ゆうこ
パパ活女子詳細
パパ活ゆうこ
パパ活ゆうこ
出身は埼玉県、現在は都内の某大学に通っています。留学費用を貯めるためにパパ活をはじめて1年目の新米ですが、食事だけで月に10万円を達成しました。プレゼントを含めるともう少しあるかも...当サイトでは、日々のパパ活から得たノウハウを提供しています。
パパと月にどれくらいの頻度で会う必要があるのか気になりますよね。都度or月極か、食事のみor体ありか、パパ活を副業でやっている学生や社会人か、本業でパパ活をやっているのかでパパと会う回数をアンケート調査しました!

大学生・アルバイトがパパ活する頻度は月に何回?

大学生・アルバイトがパパ活する頻度は月に何回?
学生(大学生・短大生・専門学校生・大学院生)は社会人よりも自由な時間を多くとれます。また、アルバイト(フリーター)の女の子も、スケジュールを自由に調整しやすいでしょう。

このような層の女の子は、どのくらいの頻度でパパ活をしているのでしょうか。食事のみ体ありの両方で調べてみました。

食事のみ【大学生・アルバイトのパパ活頻度】

食事のみ

右にスクロール

月12回以上 12%
月8~11回 41%
月4~7回 30%
月2~3回 11%
月1回以下 6%

最も多い層は月8~11回で、約4割となりました。週2日+αという頻度です。

学生やアルバイトの女の子なら、時間の自由がきくのでもっと会えると思うかもしれません。しかし、パパの方が大体週休2日のため、自然とこの頻度が多くなるのです。

(複数のパパと付き合っていても、そのパパが全員揃って土日休みということが多いですからね)

また、アルバイトの女の子はパパ活を本業にしていない以上、アルバイトのシフトにかなり入る必要があります。その合間にパパ活をするわけですから、やはり週2~3日程度の頻度が一番多くなります。

学生も、短大生や専門学校生なら入学の1年後には就職活動が始まるため、あまり休みはとれません。大学生はある程度時間があるため、他の属性の女の子と比べると、頻度がやや高めになります。

食事のみで月1回以下というのは卒業間際か、パパ活を始めたばかりで様子見をしている層です。月2~3回の層もほぼ同じです。

体あり【大学生・アルバイトのパパ活頻度】

体あり【大学生・アルバイトのパパ活頻度】

右にスクロール

月12回以上 3%
月8~11回 9%
月4~7回 26%
月2~3回 49%
月1回以下 13%

体がありになると、会う頻度が大幅に低くなります。理由は、体ありだと20歳前後という若さが特に有利に働くためです。

つまり、食事のみのデート以上に「あまり会わなくても稼げる」ようになるのです。1回で3万円もらえれば、月3回会うだけでも月収9万円になります。

大学生やフリーターの女の子にとっては十分な金額なので、この程度の回数で抑えている子が多いのです。特に学生の女の子にとって回数を増やして学校の友達にバレる方が心配というのも理由といえます。

パパ活が本業の社会人が会う頻度は月に何回?

本業
パパ活を本業としている社会人女性の場合、月何回の頻度で会っているのでしょうか。ここでも、食事のみ体ありの2つのパターンに分けて紹介していきます。

食事のみ【専業パパ活の頻度】

食事のみ

右にスクロール

月20回以上 21%
月16~19回 41%
月12~15回 23%
月8~11回 10%
月5~7回 3%
月4回以下 2%

パパ活を本業にしている社会人の女の子は「食事のみ」というケースが少数派になります。理由は、本業にするということは下のどちらかに当てはまっているためです。

  • お金に少々困っている
  • お金はたっぷりあるが、さらに稼ぎたい

どちらにしても、体ありにする方が目的を達成しやすいわけです。そのため、本業で食事のみの女の子は少なくなります。

食事のみで稼ごうとする場合、レベルの高い女の子でもデートの回数を増やして稼ぐことが必要です。そのため、月16~19回という層が約半数を占め、さらに月20回以上の層も20%以上存在しています。

レベルが高く、食事のみのパパ活でも高いお手当をもらえる女の子の場合、月12~15回などの回数も多くなります。それより頻度が低い層は、パパ活が本業ではあるものの補助的にバイトをしているなどのケースが考えられます。

実際、収入を増やすためだけでなく、普通のアルバイトをしているとアリバイ作りに便利です。このため、パパ活で十分稼げている女性でもあえて普通のアルバイトをしているケースがあります。

体あり【専業パパ活の頻度】

体あり

右にスクロール

月20回以上 13%
月16~19回 23%
月12~15回 29%
月8~11回 19%
月5~7回 11%
月4回以下 5%

体ありになると、本業の社会人女性でも頻度はかなり下がります。一番多いのは「月12~15回」で、約4割となっています。

週でいうと3~4回ということで「月のほぼ半分パパ活をしている」ということです。ただ、体ありだと拘束時間が短いので、労働時間は普通のお仕事の4分の1程度になるでしょう。

パパ活をお小遣い稼ぎでやっている女性の場合、体ありになると「月20回以上」などの高頻度の層は少なくなります。しかし、専業の女性の場合は、体ありでもこの層が減りません。

理由は、本業の女性は月極や定期の契約を結んでいることが多く、その場合は1カ月フルでパパのために使うということもあるからです。

フルといっても、パパが仕事をしている時間は特にやることがありません。そのため、パパに呼ばれたらすぐ行ける態勢だけ整えながら、自宅で資格の勉強などをしている子もいます。

副業でパパ活している社会人が会う頻度は月に何回?

社会人の女性で、副業としてパパ活をしている人はどのくらいの頻度で会っているのでしょうか。食事のみ体ありのそれぞれの条件で見ていきましょう。

食事のみ【副業パパ活の頻度】

食事のみ

右にスクロール

月12回以上 5%
月8~11回 18%
月4~7回 39%
月2~3回 32%
月1回以下 6%

頻度が一番多い層は月2~3回と、月4~7回となりました。この2つの層がほぼ同じ割合です。そして、合計で約7割と大多数を占めています。

この層が多くなる理由は、社会人女性は忙しいためです。会えて週1~2回、忙しければ月数回になるというイメージです。

そもそも、社会人の女性でパパ活を本業にしていない時点で、その女性にとっては今のお仕事が大事ということです。パパ活をあまり派手にやると、職場の同僚やお客さんなどに見つかるリスクもあります。

そのため、あくまで副業として取り組む女性であれば、回数は自然と少なくなるわけです。それでも月8~11回の女性が約2割いることを考えると、社会人女性はむしろ積極的にパパ活の副業をしているといえるでしょう。

体あり【副業パパ活の頻度】

体あり

右にスクロール

月12回以上 2%
月8~11回 11%
月4~7回 39%
月2~3回 41%
月1回以下 7%

月8回以上パパと会う層がかなり減ります。そして月2~3回が、月4~7回の頻度を逆転して最多になっています。

この理由は、社会人女性は本業である程度の収入があるため、それほどパパ活で稼ぐ必要がないためです。ブランド物など欲しいものがある人はたくさんパパ活をして稼ぎますが、そうした女性はパパ活を本職にすることが多くなります。

まとめ

まとめると、パパ活の頻度は完全に人それぞれでです。そのため他の人がどうしているかは、あまり気にしなくていいでしょう。

他の人の頻度を気にするよりも「自分が稼ぎたい金額はいくらなのか」「なぜその金額なのか」ということを、よく考えましょう。理由がしっかりしていれば適切な目標金額が設定されます。そして、その金額に合った頻度が自然にわかるようになるでしょう。

パパと会う頻度を考えるときだけでなく「なぜその金額が必要なのか」を考えることは、パパ活全般で非常に重要です。この点は常に意識しておいてください。

ちなみに、パパ活の頻度が上がるとスケジュール管理が難しくなります。ダブルブッキングなどが起きないようにアプリなどを使って効率的に予定を管理しましょう。パパの管理におすすめのアプリは下の記事で紹介しています。