12345 4.67(3)
読み込み中...

主婦(既婚者)や子連れのパパ活は難しい?成功するコツやテクニックを徹底解説! | パパ活マニュアル

更新日: 投稿日:2019/12/20

この記事を書いたパパ活女子
パパ活ユイ
パパ活女子詳細
パパ活ユイ
パパ活ユイ
都内でパパ活とギャラ飲みしている27歳♪HERMES大好き♡パパ活最高日給300万円。これからパパ活をはじめる女の子が正しい知識を持って安全に活動できるように私の経験が少しでも役に立てたらと思います。
主婦や既婚者、子連れだとパパ活は難しい?いえ、そんなことはありません!主婦ならではの強みがあり、パパが欲する癒しを届けることでパパ活を成功させられます。ですが主婦のパパ活には注意しなければいけない点も。この記事では主婦向けのやりとりや条件交渉、注意点など成功する秘訣について徹底解説しました!

主婦におすすめのパパ活アプリBEST3

   
主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦(既婚者)がパパ活をやる理由とは?

パパ活が流行してきたと同時に既婚者である主婦の方からも「パパ活がしたいんだけど、既婚者は無理かな」という声を聞きます。なぜ既婚者である主婦がパパ活をしたいと思うのか。そこには様々な理由がありました。

  1. 旦那の年収が少ないから家計を支えるため
  2. 専業主婦なので刺激が欲しい、外の世界と関わりたい
  3. 老後に備えてお金を稼いでおきたい
  4. 延長保育でお金が必要
  5. 家族に反対されて長時間働くことができない
  6. 家族が転勤がちでしっかりと働くことができない

パパ活をする主婦が増えているのは、旦那さんの稼ぎが少なくて「自分がどうにかしなければならない」というヘビーな現状から、「旦那さんは仕事で忙しく、周りも主婦ばかりで遊べる友達がいないから、楽しく遊ぶついでにお小遣いをもらいたい」というライトなものまでさまざまなものです。

主婦は家族の都合で自由に働けないという場合も多く、自分の収入を確保できない場合もあります。ですが全ての収入を旦那さん頼りにしてしまうと、不安な場合もあるでしょう。

このような背景から、パパ活が主婦のあいだにも広がっています

主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦(既婚者)がパパ活をするメリット!

主婦(既婚者)がパパ活をするメリット!
主婦がパパ活をするメリットとして一番大きいのは、やはり「お金が稼げるところ」です。旦那さんの収入頼みから脱却できますので自信がつきますし、ご自分に自信がつけば家庭内でも余裕を持って旦那さんに接することができます。それは夫婦円満にも結び付きますよ!

また主婦は幼稚園への送り迎えや、介護している家族の世話、町内会との関係などがあるため、まとまった時間を確保することが難しい場合が多いです。ですがパパ活なら主婦の隙間時間を上手く使うことができます。しかもランチになることが多いので、忙しいパパはその後さっと仕事に戻ってしまうケースも多いです。

そして一番のメリットは何といっても「女性として褒めてもらえる」こと。結婚し主婦になると、意外と女性として褒めてもらえることは減ってしまいます。ですがパパはこちらを主婦ではなく女性としてみてくれるので、素直に褒めてもらえることも多いです。そうすればこちらも「もっと綺麗になりたい」と思えますし、パパもそれを応援して化粧品などを買ってくれることもあります。それでさらに綺麗なれば、自分に自信もつきますし、主婦の毎日に張りがでること間違いありません。しかも綺麗になれば高額なお手当も期待できます。

日頃大変な主婦だからこそ、パパ活にはこのようなメリットがあるんです。

主婦(既婚者)でもパパ活できる?やっぱり難しい?

主婦(既婚者)でもパパ活できる?やっぱり難しい?
主婦のパパ活が難しいかどうかを率直に答えると・・・主婦でもパパ活はできるけどリスクが高いという結論に至ります。

主婦のパパ活が難しい理由は3つあるのですが、ここさえクリアできれば楽しくパパ活できる既婚者の主婦も多いはずです。

  1. 男性目線だと「パパ活する人妻」は体の関係がOK思っている
  2. 旦那バレが怖い
  3. 弱みを握られる可能性が高まる

まず、男性目線だと「人妻=パパ活=愛人関係」のような方程式が勝手に成立しています。独身女性と人妻を比べると、人妻の方が圧倒的に早く体の関係に進むと思い込んでいるのです。「大人なんだから分かるだろう」となるわけですね。ご飯だけの関係、大人の友人としての関係でパパ活をしようと考えている主婦の方は、注意が必要です。

また、旦那さんに内緒ではじめたい主婦の方が一番恐れるのは旦那バレですよね。体の関係がないパパ活だとしても、旦那さんに疑われたり、旦那さんのプライドを傷つけて怒られてしまう可能性もあります。旦那さんも「パパ活=体の関係」と直感的に考えてしまうことが多いためです。場合によっては離婚や損害賠償などの話になってしまうことがありますから、その点でもリスクへの対処が必要になってきます。

そして最後に、既婚者の主婦は守るものが多いので、相手に弱みを握られやすいという点があげられます。「旦那に言うぞ」「近所にばらすぞ」「子供に言うぞ」などと脅されて、相手のいうことを嫌々聞かなければならなくなる恐れも十分にあります。

主婦がパパ活をするには、このような弱みを理解し、十分気を付けなければなりません。

主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦(既婚者)がパパ活をする強みについて

しかし一方で、既婚者の主婦がパパ活をする強みももちろんあります。パパの中には、主婦のパパ活女子が良いという人も多いくらいです。

それは、主婦のパパ活女子が若い世代と比べて以下のような特徴があるからです。

以下で詳しく見ていきましょう。

落ち着きがある

既婚者の主婦は人生経験があるので、変にキャピキャピはしゃいでいません。そのため、ゆったりとしたペースで話を進めることができます。普段の仕事で疲れているパパなどは、大人らしいゆったりとした態度に癒されるケースも多いようです。

マナーがしっかりしている

既婚者の主婦の多くは、マナーもしっかりとできています。TPOをわきまえた服装をすることもできますし、テーブルマナーから声のトーンまで、しっかりと合わせることができるはずです。

良いレストランに一緒にご飯を食べに行きたいと思っている良パパは、マナーがしっかりしている女性とデートをしたいと思うはずですから、この点は主婦の強みだといえます。

感謝の気持ちがある

家庭を回しているとお金のありがたみがとてもよく分かりますよね。加えて社会の仕組みや人生観などをしっかり考えている主婦は、お手当をくれるパパに対して心からの感謝を感じるもの

同じお金を払うのでも、当たり前と思って受ける若い子よりも、心からの感謝を示してくれる主婦の方がパパの満足感を高める場合があります。

同世代なので話題が弾む

パパ活をする男性は高収入な比較的年齢層が高めの方が多いですよね。もし既婚者の主婦が同世代である場合は、ジェネレーションギャップを気にせずパパに楽しんでもらえます

昔の流行りの話は若い子にしても「ふーん」で終わってしまうことも。同年代の主婦なら「わかるー!」と盛り上がれますよね。そんな点も主婦の強みです。

気を使わなくて良いので癒される

また、意外と大切なのが「癒し」の要素。

パパからみると若い子は一緒にいて嬉しい反面、どこか「気に入られよう」と気を遣ってしまう面もあります。「こんなこと言っておじさんくさくないかな」とか、「若者文化知らなくて大丈夫かな」と不安になるあまり、無理にテンションを合わせて疲れてしまうことも。

ですが既婚者の主婦は同世代だったり、落ち着いていることもあって、そこまで身構えずに楽しむことができます。パパにとって癒しは心の養分です。つい「また会いたいな」と思ってしまうことでしょう。

家庭の悩みに共感できる

パパが既婚者の場合、家庭の悩みに共感できる点は本当に大きな主婦の強みです。

家庭の悩みはなかなか知人にも打ち明けられない男性が多いです。そんなときパパ活女子が家庭の悩みに共感し、「それって酷いよね!」と言ってくれれば、パパの心の拠り所になることができます。

また、「周りに個人情報などの秘密をばらさない」「常識外れた時間に連絡して奥さんにバレるようなことをしない」など当たり前の付き合いができることも、既婚者主婦のパパ活女子が支持されている理由です。

主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦(既婚者)がパパ活するリスクと対処方法

既婚者主婦がパパ活をする場合、前の章でご紹介したようにリスクが大きいので、「主婦であることを隠す」のが一番無難です。子供がいればシングルマザーだということにするのがベスト。

そうすれば「旦那にばらすぞ」「旦那の会社に写真を送るぞ」「近所にばらすぞ」といった脅しは回避することができます。

一方主婦と伝えてしまっている場合は、旦那バレを防ぐために以下のような対処法が必要です。
仮に主婦だと隠していても使えるテクニックですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

個人情報を伝えない

個人情報はパパに伝えないようにしましょう。

主婦であることを隠しているかどうかに関わらず、個人情報を伝える程トラブルになったときに大事になりやすいです。「旦那や子供にばらすぞ!」と脅されたり、家の固定電話にイタズラ電話をされたりするリスクもあります。そこまで悪質でないケースでも、主婦であることを隠していた場合に、恋心を抱いたパパが家に突撃してきてしまうケースもあります。もし旦那さんや家族と鉢合わせたら・・・と思うとゾッとしますよね。

そのためにも、個人情報は絶対に伝えないようにしましょう。

家族と共有のPCを使わない

またパパ活に家族と共有のPCを使わないことも大切です。

インターネットの閲覧履歴からばれてしまうこともありますし、最近は検索履歴を個人のスマホと同期させている場合もあります。こっそり使ったつもりでも、Googleの検索履歴が旦那さんのスマホアプリに表示されてしまうこともあります。

ご自分だけしか使わないPCか、ロックがかかるスマホがオススメです。

スマホの使い方に注意

スマホを使って主婦がパパ活をする場合の注意点も、しっかりとご紹介していきましょう。

パパ活サイト等の利用方法

  • パパ活サイトでパパを探す場合、アプリではなくwebページを使用する
  • webページは履歴が残らないシークレットモードで使う
  • シークレットモードでなかった場合はwebページの履歴は消す
  • 電話帳にパパの名前を登録するときは女性の名前で

メッセージ編

  • LINEのやりとりは画面に表示されないよう非表示にする
  • 予測変換機能は定期的にリセットする
  • メッセージが来たときの通知を常に切っておく

その他のスマホ機能編

  • パパといる時の写真は残さない
  • 旦那さんの前で頻繁にスマホを使わない
  • 急にスマホを肌身離さず持つようにしない
  • 子供がいじれないように暗証番号を設置

スマホはパパ活についての情報が残りがちです。しっかりと管理して、旦那バレの可能性を下げていきましょう。
また行動が不自然にならないよう、パパ活を始める前はどのくらいの頻度でスマホに触っていたかを思い出して、同じように日々を過ごしてくださいね。

メイクや服装を急に変えない

メイクや服装を急に変えてオシャレをしだすと、旦那さんは不自然に感じることも多いです。

もっともパパ活をする上では綺麗になることも必須。特定のテレビや雑誌などをみて「女磨き頑張っちゃおうかな!」のような会話をあらかじめしておくなど、不自然に思われないようにしていきましょう。

連絡時間を決めておく

パパとのあいだであらかじめ連絡できる時間帯を決めておきましょう。

家族団らんの時間に電話などをかかってくるととっても困りますよね。既婚者ということを伝えている場合にはスムーズに話が通りますが、隠している場合は「その時間働いているから」など、理由を付けて連絡をとらないようにしておくことがオススメです。

パパは少人数にする

パパが多いと、パパの管理が大変になってきます。人数が増えた分メールをしないといけませんし、急にデートに誘われることもあるでしょう。

時間に余裕のある女性はパパの人数は多くても良いのですが、時間に余裕がない主婦の方がパパ活をするのなら、多くても2~3人のパパが理想です。1人1人のパパを大事にしましょう。

   

事前に注意しておきたいポイント

    上でもお伝えしましたが、主婦がパパ活をする上で気を付けたいのは「個人情報漏洩」と「体の関係」です。

    「あそこでいつも買い物してる」「子供の学校はそこ」など、自分の情報を教えてしまっては、パパがストーカー化したときなどに大変危なくなります。
    また、近場でデートをすると、近所の方や子供の友達、旦那さんの仕事場の人などにバレる可能性が高くなります。パパ活と言えど、周りの見る目は「不倫」になるのです。

    また、パパと体の関係を持つことも注意してください。バレた場合、旦那さんはあなたとパパを訴えて慰謝料を請求することができてしまいます。パパも既婚者の場合は、パパの奥さんからも慰謝料を請求されてしまうかもしれません。


主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦(既婚者)がパパ活で成功するコツ

主婦(既婚者)がパパ活で成功するコツ
主婦がパパ活がしたいと思ったら、まずはパパを探さないといけませんね。主婦がパパ活で成功させるポイントはパパ活サイトの『プロフィール』と『条件』です。

とにかく重要なのがプロフィール。主婦の場合、若い世代のように「夢を応援してくれる方募集」「生活を応援してくれる方募集」だと通用しません。

「お金が無くて・・・」など切羽詰まった言い方も、相手を「金を払うから体の関係になれ」「5,000円でも十分助かるだろ!」などと横暴にしてしまいます。

そのため、パパ活をしたい伝え方としては「自分はいろいろなことに興味があり、最近お金も時間も自由になってきたので一緒に体験できる人を探している」というような言い方がいいでしょう。

やり取りをする上では「ようやく子供が大きくなってきて、これからお金がドンドンかかるから、そうなる前に息抜きがしたい」「ずっと借金で苦しかったけどようやく少し立ち直ってきたから、気分転換がしたくて」などお金に困っている雰囲気をさりげなく出していくのも良いでしょう。

自分から条件を言うのではなく、相手に察してもらうことがテクニックのひとつです。

主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦におすすめのパパ探し方法

パパ探しにはいろいろな方法があります。掲示板やアプリ、高級デートクラブもありますし、キャバクラやスナックのお客さんをパパにすることもあります。

それぞれ特色が異なりますが、主婦のパパ活女子におススメなのは、「パパ活」に特化したパパ活サイト・アプリです。

普通の出会い系サイトの場合、パパ活が禁止されているので、パパを見つけるまでがとても長いです。高級デートクラブの場合は、年齢制限があったり「独身」でないと入会できないものが多いです。

そのため、パパが多く登録していて、年齢制限も既婚者制限もないパパ活サイト・アプリがオススメです。

主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

主婦のパパ探しにおすすめのパパ活アプリまとめ

パパ活サイトの中でも私がオススメしたいのは次の3つのサイト・アプリ。特徴を詳しくご紹介していきたいと思います。

ミントC!Jメール

まず主婦におすすめしたいNo.1アプリは、Jメールです。

福岡を拠点に18年以上続く老舗の出会い系企業で、24時間365日電話で社員さんに相談できる窓口が設置されています。忙しい主婦でも、困ったときにいつでも相談できるのはありがたいですよね。

下のワクワクメールとの大きな違いは、男女比7:3で30代・40代の女性会員が多いということです。その分主婦層は男性からの人気がかなり高いといえるでしょう。ワクワクメールからパパ活女子が流れ込んでくる前に登録して、主婦を好きな良パパと繋がっておきましょう!

ミントC!Jメール
届出の受理番号
No.90080006000
料金 面談 男女比率
男性 女性
ポイント課金制 無料 なし 7:3
  • 24時間365日対応の電話サポート窓口あり!
  • 18年の運用実績と全国に600万人の会員!
  • 主婦層の人気が高い!

ワクワクメール

私のおすすめNo.2は、創業20年以上の老舗アプリ『ワクワクメール』です。

パパ活が流行りはじめて以降、ものすごいスピードで会員数が増えている『リバイバルアプリ』です。2019年6月時点で799万人、直近2ヶ月で20万人も会員が増えています。多くの主婦も使い始めているようですね。

男性会員は30代後半〜60代まで様々で、女性とお遊びできる余裕のある男性が登録しています。50代、60代の男性会員も多数登録しており、主婦層の人気も高いです。ご飯デートのカテゴリで検索できるので、体の関係なしでパパ活することが可能です。

届出の受理番号
No.96090001000
料金 面談 サクラ
男性 女性
ポイント課金制 無料 なし 8:2
  • 会員数799万人!直近2ヶ月で20万人が登録!(2019年6月時点)
  • 男女比8:3で競合が少ない!
  • 年上男性が多く、同年代の主婦を探しているパパ多数!

  

SugarDaddy(シュガーダディ)

シュガーダディはパパ活専用のマッチングサイト。「パパ活をしたい女性×パパになりたい男性」しかいないサイトなので、他のマッチングサイトなどと比べると無駄な交渉にかかる時間が一切ありません。

女性は完全無料で利用できますが、男性は月額制。年収でパパを検索することができて年収1000万円以上の太パパがたくさん登録しています。男性会員の54%は40代〜50代で、主婦層の登録は少ないので一定層から人気があり、争奪戦になっています。あえて主婦の登録が少ないアプリに参加することで、「主婦」というブランド力を武器にすることができますね。

届出の受理番号
No.30150024001
料金 面談 男女比
男性 女性
月額課金制 無料 なし 7:3
  • 40代、50代の会員比率が高く、しかも主婦が希少!
  • 年収証明あり
  • パパ活特化でパパを見つけやすい

PCMAX

PCMAXはワクワクメールと同様に創業20年を超える老舗出会い系サイトの一つ。昔から多くの主婦にも使われています。会員数は1000万人を超えているため、十分なマッチングが期待できますよね。また、24時間のサポート体制なので詐欺パパなどを通報することもできます。女性の利用は完全無料ですので、節約したい主婦の心強い味方です。

届出の受理番号
No.30120128008
料金 面談 男女比
男性 女性
ポイント課金制 無料 なし 8:2
  • 創業20年、会員数1,000万人!
  • パパ活非推奨なので禁止ワードが多い
  • 競合が少ない


主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの最初に戻る

主婦(既婚者)のパパ活でよくある失敗談・成功談

最後に、主婦がパパ活でよくある失敗談と成功談をまとめていきたいと思います。これからパパ活をしようと思っている方は参考にしてくださいね。

パパ活、掲示板

 

・こちらが専業主婦だというと「旦那に申し訳ないと思わないのか」と説教がはじまり、結局飲み代はご馳走してもらいましたが、約束のお金はもらえませんでした。(32歳主婦)

 

まとめ、マッチング、稼ぐ、選び方、会社

 

・男性は若い子が好きだと思っていたので、30代でしたが若い子と同じようなノリや化粧をしてパパ活にでかけました。パパのノリが悪くて、あとで「30代と聞いていたので、同じように落ち着いた感じで話ができると思った」と言われました。年相応が求められるんだな~と実感。(38歳主婦)

 

2017年、まとめ、マッチング、稼ぐ、

 

・初めて会ったときから話が弾んで、最低月1は会っていたのですが、お金に困っているので「スナックなどで働きたい。いい場所を知らないか」といったら、スナック代より安いからと毎月5万円のお小遣いをもらえるようになりました。パートに出たら1か月分の給料なので、とても儲けたなと思っています。(40代専業主婦)

 

パパ活、口コミ

 

・家庭に入ると、私に対する旦那の扱いがぞんざいになり、このまま年を取っていくのがいたたまれないとパパ活をはじめました。パパは私を女性扱いしてくれるし、お小遣いをくれるということはまだ、自分にはそれだけの価値があるのだなと思って、チヤホヤされることを楽しみながらパパ活しています。(28歳専業主婦)

主婦(既婚者)におすすめのパパ活アプリの詳細へ移動する

 

主婦のパパ活でよくあるQ&A

2歳児をもつ主婦です。お小遣い稼ぎにパパ活に興味があり、やってみたいなと思いながらとどまっている感じです。主婦でパパ活してる方いますか?どうしたらできますか?子供がいるうちはやめたほうがいいですか?

A. パパ活サイトに登録してパパを探すことからはじめましょう!お子さんがいる人は、自分の自由になる時間があればできますが、お子さんを一緒連れていくことは難しいです。他にも色々な条件がある場合は、とりあえずプロフィールに条件を書いておいて、「その条件でも会いたい!」というパパからの連絡を気長に待っているのも手です。

 

会わないパパ活ってありますか?顔には自信ありますが主婦です

A. 会わないパパ活はありません。一緒にご飯やデートをする必要があります。ただ会う時間は交渉によって短くできるかもしれません。

 

A. パパ活に年は関係ありません!40代でもパパ活をやっている人はたくさんいますよ。大切なことは年齢ではなく、「パパに必要とされるかどうか」です!

まとめ

既婚者の主婦でもパパ活はできます。

無理に若い世代に合わせようと自分をとりつくろわなくても、その世代で求められているものがきちんとあるのです。主婦ならではの安心感や共感を欲するパパに会っていくようにしましょう。とはいえ、上でみたようなデメリットもあります。主婦のパパ活における注意点をしっかりと守って、安全にパパ活をしていきましょう。

パパ活のコツ(テクニック)をまとめたページはこちらをチェックだよ!