12345 5.00(1)
読み込み中...

Facebook(フェイスブック)でパパ活できる?メリットとデメリット | パパ活マニュアル

更新日: 投稿日:2019/09/25

この記事を書いたパパ活女子
パパ活ももこ
パパ活女子詳細
パパ活ももこ
パパ活ももこ
約3年間、海外留学を目標に日本でパパ活をしていました。 パパ活の最高月収は月80万円。今でも定期のパパ数人とは関係継続中
Facebookでパパ探しはできる?出会い機能は使えるの?メリットとデメリットを解説します。その他、パパ活で使えるおすすめアプリ・サイトについても紹介します。

Facebookでパパ探しはできる?

結論から言うと、現状Facebookでパパ探しは難しいです!

FacebookはTwitterやパパ活アプリとは違い、家族、親戚同じ職場や学校などリアルで近しい人との繋がりが強いSNSです。

Facebookには既婚者の割合も多いので、身元が割れているFacebookは多くのリスクがあるでしょう。

そのため誰かに2人の関係を疑われる、あるいは知られたりするリスクは常につきまといます。

また、元々のFacebookは出会い系でもなければパパ活専用サイトでもない為に、パパ活目的の男性はほとんどいません。

Facebookでパパ活するメリットとしては、女子側からすると、男性が経営している会社の情報や出身校など身元が明確に知れるということくらいでしょう。

しかし、実際に「Facebookでは全くパパ探しが出来ないのか?」というと、実際にFacebookでパパを見つけた人はいますし、話題のFacebookの新機能「Facebook Dating」の登場によりそうでもない様です。

今回はFacebookでパパ活探しは出来るのかどうか?実情やメリットデメリットをそれぞれ解説していきたいと思います。

Facebookのパパ活に関する口コミ

実際にFacebookで密かにパパ活は行われているのは事実のようです。

しかしあくまでパパ活のサイトでも出会い目的のSNSでもない為、パパ活に対して良い印象を持っていなかったり、パパ活女子嫌いの男性ユーザーは多くいるということも頭に入れておいた方がいいでしょう。

Facebookでパパを探すメリットは身元がわかること

Facebookでパパを探すメリットは身元がわかること
Facebookでのパパ活はメリットが少なく、あまりいい方法とは言えません。そのなかでも唯一メリットと言えるのは「男性の身元がわかる」ということです。

Facebookの最大の特徴として、Twitterや他のSNSと違って本名勤務地などの情報をプロフィールに記載しており、身元だけでなく男性の交友関係までわかってしまいます。

これはパパ活をする上では最大のリスクですが、危険なパパを避けることができたり、パパの経済状況まで憶測ができます。パパ活によくある詐欺勧誘やり逃げなどのトラブルを未然に防ぐひとつの参考になります。

Facebookでパパを探すデメリット

①男性の警戒心が高い

Facebook上でパパ活をするデメリットでも最もハードルが高いのが、男性の警戒心が強いということ。

基本的にFacebookを通した知らない人からのメッセージはスルーされます。出身地や出身校、勤務先まで公表しているため他のSNSよりも警戒心は高くなる傾向にあります。

②男性に近い第三者の存在ある

Facebookは家族や親戚、昔からの友人や同級生などリアルで近しい人と繋がるSNSです。また既婚者の場合は、奥さんやその家族と繋がっているケースも少なくありません。家族と繋がっていなくても、家族の知り合いがユーザーである可能性もありますし、知らない所でどこで話が伝わるかは分かりません。

パパ活のサイトやアプリだと、少なくとも男性の奥さん家族と繋がることはなく、知り合いをブロックする機能もあります。

③男性はパパ活目的ではない

そもそもFacebookは純粋な交流を目的としたソーシャルメディアなので、男性にパパ活の意思があるのを見分けるのは困難といえます。むしろパパ活目的でFacebookを利用している人はほとんどいないと言っていいでしょう。

最近ではFacebookの広告にパパ活アプリの広告が頻繁に出現しているので、男性も全く知らないわけでは無いと思います。しかし実際にパパ活に意欲的な男性なのかどうかを見極めるのは難しく、かなり慎重になる必要があります。

Facebookの出会い機能でパパ探しはできる?

個人的にFacebookを使いパパを探すのはハードルが高いですが、実は朗報があります

というのも、Facebook社が新たに「Facebook Dating」という機能を開発・リリース予定とのことです。

Facebook Dating のデート機能の特徴

右にスクロール
機能
デート用のプロフィールが作成可能 Facebookの中に、個別にデート機能用のプロフィールが作成できます。
※元々のプロフィールの友達は閲覧すること出来ない
デート機能利用者同士で繋がれる デート機能用のプロフィールをONにしておくことで、同じく設定をONにしている相手に
自分のプロフィールが表示されます。
相性が合いそうな人が表示される Facebookのユーザープロファイリング機能により、自分と相性が合いそうな相手が
おすすめに表示されます。
「Secret crush」機能 お気に入りの人物を9人までお気に入り登録ができます。
マッチング機能 お気に入り登録すると相手に通知され、相手もお気に入り登録すると通知がくる
マッチング機能があります。

ただ残念なことに、この「Facebook Dating」は現在まだ日本ではサービスがなく、リリースされる予定もありません。

しかし、マッチング市場の需要が高い日本において運用が開始されれば、パパ活においても利用が期待できるのではないかと思います。

Facebook利用者はパパ活専用アプリのようにパパ活の意味を理解していない人も多く登録をしている為、上手くパパ活に繋げるのは難しい、慎重に男性を見極める必要があると言えます。

SNSでパパ活をするならアプリ・サイトがおすすめ

以上、Facebookでパパ探しをするメリット・デメリット、パパ活に使えそうな新機能を解説しましたが、SNSでパパを探すのであればやはりアプリ出会いサイトで探すのがオススメです。

アプリには年齢確認や審査がありますが、パパ活専用のプロフィールを作成できるので、大抵は身内やリアルの友人にバレることはありません。

Facebookではなく、パパ活専用アプリ出会いサイトではある程度の背景・目的を理解している人同士が集まっている為、話はスムーズにいきやすいでしょう。

まとめ

個人的にはFacebookを使ったパパ活は少しハードルが高いなと感じました。

しかし実際にFacebookでパパ活をしている女性もいないわけでは無い為、できないとは言い切れません。Facebbokを使う時は自分及びパパ候補の男性の身の回りの人間関係に十分注意を払う必要がありそうです。

また、日本での開始はまだ未定となっていますが、話題のFacebookの新しい出会い機能”Facebook Dating”は、新しい出会いの場が知り合いにバレずに作れるといった点で、パパ活に免疫が無い男性が興味を持つキッカケにもなるかもしれません。

とは言え今の所は、出会いの場となるパパ活専用のアプリも増えているので、リスクは最小限にして良パパをゲットする為に切磋琢磨していきましょう。