12345 (まだ未評価です。)
星をクリックで評価する
読み込み中...

Tinder(ティンダー)はパパ活向きアプリ?口コミと評価から安全性を調査! | パパ活マニュアル

投稿日:

若者の中では認知度が最上位に位置しているマッチングアプリの「Tinder(ティンダー)。

今回は、Tinder(ティンダー)を利用してパパ活をしたいと思っているパパ活女子に向けて、Tinder(ティンダー)を利用してのパパ活の実態などについてまとめていきます。

1Tinder(ティンダー)とは?

Tinder(ティンダー)は、アメリカ制のマッチングアプリです。

今や日本の若者にとって、出会いだければTinder(ティンダー)を利用すればいいと考えている若者が多いくらい、Tinder(ティンダー)の知名度は本当に高いです。

さらに、Tinde(ティンダー)は、190カ国以上で利用されており、世界ではもっとも名前の知られているマッチングアプリです。

世界中で展開されているマッチングアプリであるということから、信頼性は非常に高いと言えます。

⑴Tinder(ティンダー)の特徴は?

Tinder(ティンダー)は、少し特殊なマッチングアプリです。

Pairs(ペアーズ)などの日本製マッチングアプリとは少し勝手が違います。

Tinder(ティンダー)では、ランダムに表示される男性ユーザーをスワイプするという形で利用するのが基本です。

右にスワイプするとライク(いいね)、左にスワイプすると、ノーブ(あまり好きではない)です。

ライクすると、男性ユーザーに「ライクされた」ということが通知されます。ノーブした場合は、男性には何も通知されません。

Tinder(ティンダー)の利用料金

Tinderの利用料金は、以下に示すとおりです。

右にスクロール
運営会社 株式会社Match Group(マッチグループ)
年齢層 10代後半〜40代前半
利用料金 男性:2,200円/月(単月プランの場合) 女性:基本無料
利用目的 1ドル 110.9円

利用料金は、マッチングアプリとして平均的な金額。また、年齢層が若い方に広いというところも重要です。

パパになれるほどの経済力がないユーザーも多いのがTinder(ティンダー)の特徴です。

本気でパパ活をしたい女の子は以下の3つのアプリがオススメです。

おすすめパパ活アプリTOP3

パパ活アプリ・サイトランキングへ移動する

②スマホのGPS機能を活用して短かな人に効率的に会うことが可能!!

Tinder(ティンダー)は、スマホのGPS機能を利用するしくみがあります。

この機能は、異性ユーザーのいる場所までの距離を、ある程度正確に表示してくれます。

したがって、近場にいる異性ユーザーと出会いやすくなるというわけです。

③Tinder(ティンダー)の安全性と圧倒的なはじめやすさ!!

Tinder(ティンダー)は、とても始めやすいマッチングアプリです。

  • 携帯電話番号の登録
  • Facebook連携

をするだけで、誰でも簡単に始められます

顔審査や本人確認などは必要なく、かなり敷居の低いマッチングアプリ

この点も、多くの登録者を集めている理由になっているようです。

とはいえ、始めやすいというのは、パパ活女子にとって厄介なことでもあります。

パパ活に取り組む上では、安全性が大切です。

危険なユーザーと出会ってしまう可能性は、できるだけ下げておきたいところ。仮に本人確認や独身証明などが実施されているマッチングアプリなら、かなり安心して運用できます。

しかしTinder(ティンダー)は、電話番号とFacebookだけで登録できてしまいます。
したがって危険な男性ユーザーと出会ってしまう可能性が、少しだけ高いと言えるでしょう。

⑵25歳以下の若者の利用がほとんどでパパ活は難しい?

Tinder(ティンダー)でパパ活をするのは、不可能ではありませんが他のマッチングアプリと比べても簡単ではありません。

Tinder(ティンダー)は、若い利用者が多いマッチングアプリ です。全体のうち70%が、20代後半までの利用者で占められています。

18歳から登録が可能になり、大学生の男性がノリと勢いで登録しているケースが本当に多いです。圧倒的にパパ活対象になる男性の割合が少なく、太パパになってくれるような男性と出会うのは非常に難しいです。

Tinder(ティンダー)とパパ活の相性は?

Tinder(ティンダー)とパパ活の相性はよいとは言えません。

やはりTinder(ティンダー)は、パパ活用マッチングアプリではないという点が響きます。

「パパになろう」と思って登録している男性ユーザーはかなり少ないので簡単にパパとは出会えません。

パパ活用ではないマッチングアプリにすべて言えることだけど、「パパになるつもりがない人をパパにする」ということが必要ね。

どうやってパパになってもらうか、作戦を立てておかないとね......

2Tinder(ティンダー)の登録方法

Tinder(ティンダー)の登録方法について解説します。登録は非常に簡単ですので、2,3分ほどで終わります。

まず、Tinder(ティンダー)を立ち上げましょう。

https://tinder.com/?lang=ja

画面真ん中、「新しいアカウントの作成」をタップ。

続いて、電話番号を入力。

SMSで認証コードが送られて来るので、それを入力します。

 

その後は、

  • プロフィール写真
  • 自己紹介文
  • プロフィール

を、画面の指示にしたがって入力していきます。

Tinder(ティンダー)の登録は、これだけで完了です。

3Tinder(ティンダー)の口コミ・評判!!パパ活女子の本音と評価

実際にTinder(ティンダー)の口コミや評判などを見てみましょう。

ヤリモクのイケメンが多い。チャットだけ暇つぶしでやる人もいる。3ヶ月くらいこれして20人くらいに会った。ご飯ホテル奢ってもらえるしパパっぽい人?もいて貧乏学生にはいいアプリだった笑。写真はみんな身バレ恐れてるから当てにしない方がいい。チャットの雰囲気でどんなやつか大体わかる。彼氏できたからアプリは卒業したけどまだ仲良くしてる人とかいる。病んだりもしたけど良い暇つぶしになった。ティンダーのみなさん、どっかで会ったりすれ違っても他人のふりしてね。

パパ活目的ではなかったようですが、ご飯やホテル代を奢ってもらえたそうです。

ただ、「パパ」を見つけているわけではありません。

これはよくチェックしておいたほうがよいツイート。

パパ活女子に対して、怪しいビジネスを進める人もいるようです。お金欲しいなら投資を始めたらいいなどと、怪しいビジネスに勧誘されたというパパ活女子は意外にも多いので、

Tinder(ティンダー)にも色々な勧誘をしてくる男性はいるので、注意が必要です。

4Tinder(ティンダー)を利用してのパパ活体験談

残念ながらTinder(ティンダー)を利用してパパ活を成功することが出来た女性の体験談を見つけることは出来ませんでした。

Tinder(ティンダー)でパパ活をするのは、非常に困難であると断定できると思います。パパ活を効率的に行いたい方は、パパ活するのにオススメのアプリをチェックしてみてください。

おすすめのパパ活アプリ・サイト15選!人気の秘密を実際に使って検証! |

5Tinder(ティンダー)で太パパを見つけるためにすべき3つの手順

せっかくTinder(ティンダー)でパパ活をするなら、やはり「太パパ」と出会いたいところ。

そのためには、よく考えてTinder(ティンダー)を使う必要があります。

具体的には、以下3つの手順をおさえておきましょう。

①Tinder(ティンダー)で太パパを見つけるためにはヤリモクを見極めることが大切!!

Tinder(ティンダー)は、体目的で利用している、つまり「ヤリモク」と言われる男性が多いマッチングアプリです。

したがって、いかにしてヤリモク男性を避けるかがポイント。

ヤリモク男性は、

  • すぐに会おうとしてくる
  • すぐにLINE交換をしようとしてくる
  • デートの時間を夜にしようとこだわる
  • 二人きりになろうとする(カラオケや個室居酒屋、ドライブに行きたがる)
  • 下ネタばかりを言う

というような特徴を持っています。

これを参考にして、ヤリモク男性は事前に見極めるようにしましょう。

②年収や職業などで調べ太パパ候補をまとめる!!

太パパの素質がある男性ユーザーは限られています。

  • 弁護士
  • お医者さん
  • 経営者

など、ある程度収入の高い職業に就いている人でないと、太パパにはなってくれません。

しかしTinder(ティンダー)には、「男性ユーザーを絞り込んで検索する」という機能がありません。

あくまでも男性ユーザーは、ランダムで表示されるので、太パパ候補をリストアップできないというわけです。

しかし「表示される男性ユーザーの年齢」なら、絞り込むことが可能です。男性ユーザーの年齢を、40代前後に指定してみましょう。

これならある程度年収の高いユーザーを見つけやすくなります。少なくとも10代、20代といった、若い世代は表示されなくなりますのでパパ活出来る可能性は上がるはずです。

③太パパ候補に実際にメッセージを送ってみる!!

太パパを作るなら、自分から積極的にアプローチする必要があります。

特にTinder(ティンダー)では、太パパの素質を持っている男性ユーザーは貴重な存在。

見かけたら、見逃さないようにしましょう。しかしあまりにも距離感を縮めすぎると、業者やサクラと間違われてしまうかもしれません。

あくまでも少しずつ距離を縮めるようにしましょう。

パパ活禁止だからこその注意点

Tinder(ティンダー)では、パパ活は禁止とされています。

パトロールなどは緩い方ですが、それでもアカウントを削除されたりする可能性はあります。

一度削除されてしまうと、再登録するのは難しいです。

Tinder(ティンダー)のプロフィールやメッセージ上では、パパ活を連想させるようなことは言わないようにしましょう。

Tinder(ティンダー)でパパ活の話をするんじゃなくて、LINE上やデートでパパ活の話をするようにしたほうがいいわね。

まあそれでも、相手の男性ユーザーから通報されるかもしれないわ。

かなり注意しないといけないわね。

6Tinder(ティンダー)でパパ活をするメリット・デメリット  

ここで一旦、Tinder(ティンダー)でパパ活をするメリットとデメリットについて、おさらいしておきます。

といっても、ほとんどデメリットしかありません。

具体的には、

  • 検索機能がなく、ランダム表示される男性ユーザーにしかアプローチできない
  • 年齢層が低すぎる
  • そもそもパパ活アプリではない
  • パパ活禁止のマッチングアプリなので、堂々とは活動できない
  • ヤリモク男性があまりにも多い

といったところが挙げられます。

 

かなり厳しいわね。

特にパパ活禁止というのは、パパ活女子にとって致命的。

Tinder(ティンダー)でパパ活するなら、相当な注意が必要だし、そこまで注意して得られるメリットもないわ。

7Tinder(ティンダー)の安全性とパパ活

Tinder(ティンダー)は、パパ活女子にとって、少し安全性が低いと言えます。

やはり本人確認を実施していないというのは、危険だと言えるでしょう。

また、ヤリモク男性が多いというのも厄介。実際、Tinder(ティンダー)での出会いが発端で、大事件に発展したということもありました。

パパ活どころか、自分自身の身を守るだけで手一杯になってしまうかもしれません。

 

Tinder(ティンダー)は出会いやすくて敷居の低いマッチングアプリ。

でも、その分危険なこともあるというのは、ちゃんと理解しておかないといけないわ。

8Tinder(ティンダー)を利用してのパパ活まとめ

結論を言うと、Tinder(ティンダー)でパパ活をするのは、かなり無理がある話です。

まずパパ活が禁止である、ということは、非常に厄介なところ。マッチングのシステムも独特で、数を打つのが大切なパパ活とは相性がよくありません。

ヤリモク男性と出会ってしまう可能性もあり、かなり使いづらいです。

正直、Tinder(ティンダー)を優先して使う理由は見当たらないわ。

これだったら、パパ活女子向けのマッチングアプリを使ったほうがいいわね。

パパ活を本気で考えているのであれば、以下の3つのアプリがオススメです。

おすすめパパ活アプリTOP3

パパ活アプリ・サイトランキングへ移動する