12345 5.00(1)
読み込み中...

女性がデートの服装選びを短縮する方法 | パパ活マニュアル

更新日: 投稿日:2019/11/04

この記事を書いたコラムニスト
E子
コラムニスト詳細
E子
E子
ツイッターにて、アラサー独女アカウントとして名を馳せる。 いよいよおかしくなり始めた恋愛観が、世の女性の共感を呼んだり呼ばなかったり。 自身の婚活恋活の経験をもとに記事を執筆し、若き乙女たちの恋愛人生がより豊かになるよう導きたいと考えている恋愛ライターである。
初めてのデートで何を着ていけば男を『ドキッ』とさせることができるの?毎回服装選びに苦戦して時間がかかってしまう...。そんな女性に読んで頂きたいデートの服装選びを短縮する方法をご紹介します。

忙しく働く人にとって、一番貴重なものは「時間」である。
時は金なり。

実際、モチベーションのある人が時間さえ手に入れられれば、稼げるお金が何倍にもなる…ということは大いにあるのではないだろうか。

そんな中で、みなさんは洋服の選択にいったいどれほどの時間を費やしていますか?

例えば、1日5分としても一か月で約150分
一年で1,825分、つまり30時間

このような生活のルーチン部分に時間や労力を注ぐのは本当に無駄だと思う。

できる限り、短縮すべき部分である。

しかし、とくにデートともあらば、服装選択には時間がかかるもの。

女性なら皆さん共感いただけるのではないだろうか?

前日に服を決めていても、当日になって思ったより肌寒いから上着を一枚はおりたいな…上着はこういうやつしか持ってないから、この服には合わないな…あっでも、もしかしたら雨降るかもしれないから靴は防水のやつがいいし、そうなるとそれに合う服は…

そうしてさんざん悩んだ挙句、決まった服を着てみたらなんだかしっくりこない。
そういえば最近ちょっと痩せたんだっけ。この服微妙にサイズ合ってないな、とか。
前回合った時もこんな色の服だったから微妙かな、とか。

髪型は…バッグは…とか。

まじで大変。

筆者はE子。
E子
ツイッターで独自の恋愛観を語るアラサー独女アカウントである。
ときに、ファッション関係について質問が寄せられることがあるが、まったくもって私はおしゃれさんキャラとしてツイッターをしていないし、服飾にはさほど興味がない。やめてほしい。
本日は、興味がないなりに、いかに無駄なく人前に出られる服装をできるかを考察していきたい。

テーマは、デートの洋服選びの短縮である。

ワンピースの濫用

ワンピースの濫用
とくに初心者や、自信がない人、洋服選びが面倒でイライラするという人に、第一に勧めたいのがワンピースである。

あたりまえだが、ワンピースはデート服として本当にすばらしい。
また、ファッションセンスのない人間や面倒くさがりな人の強い味方でもある。

理由は以下のとおりである。

  1. 上下をコーディネートする必要がない。
  2. きちんと感、女性らしさが出て男性受けがいい。
  3. 脱ぐのが楽、脱がせるのも楽。

 

まず上下をコーディネートするだけで非常に大変な騒ぎである。
やれ、丈感が合わないだの、素材がどうだの、着てみたら意外と合わないとか、いろいろ問題が出てくる。

これを一挙に解決できるだけでもワンピースはすばらしいのに、なおかつ、男性受けもよい。
さらに、着脱が簡単である。(作りにもよる)

もう、デート服は一律ワンピース!でいいのではないだろうか。

あれ?前会った時はこの服だっけ?問題

あれ?前会った時はこの服だっけ?問題
続いてデートの洋服選びで直面しがちなこの問題である。

あれ…?
前回のデート、わたし何着ていたっけ。

思い出せないことが多々ある。しかし、まったく同じ服をチョイスしてしまうとあまりに野暮である。パパ活界隈では、女子はあえて貧しいそぶりをしてパパの同情を買い、洋服をプレゼントしてもらうなどの技があると聞いたことがある。そういうテクニックの場合は別として、普通は前回とは違う服を選択するものだろう。

思い出そうとする時間は無駄であるので、しっかり管理していく必要がある。

私が以前使っていた手法だが、コーディネートを数パターン用意する。
初対面の人と会うときはコレ、二回目の人と会うときはコレ、三回目は…
と、完全に固定させていた。

むろん、お気づきかと思うが、これをするのは同じ季節内に複数の相手とデートする場合の管理方法である。

そもそも、デートで前回何を着たかわからなくなる…という現象が起きるのは、明らかにデートのしすぎである。複数の男と短期間内に会いまくっているから、そのような事態に陥るのである。

しかし、この手法をとれば、デートの相手が5人だろうと10人だろうと、順番をきっちり守れば最適な洋服選択を実施できるのである。

初対面では印象良く清楚な感じで…、2回目はちょっと親しみのわくようなカジュアルな装い、3回目は…
というように流れを意識してコーディネートを考えるのは最初の1回だけ。
あとは何人会おうが、すべてそれの繰り返しであり、一発で洋服を決めることができる。

デート服は極論、適当でいい

デート服は極論、適当でいい
これは持論であるが、デートに何を着ていくかなんて、頭を悩ませる必要はない。

恋する気持ちが乙女を不安にさせてしまうこともあるのだろうが、
はっきり言って無駄である。

スカートの丈がどうとか、バッグの色がどうとかそんなことを男性は気にしていない。
というと誤解を生みそうだが、

この、「デートで可愛くしよう」と頑張る行動は、実力試験の直前に参考書のページをめくりまくる行動と酷似していると思うのである。

結局、ひとは実力以上の結果は出せない。
小手先の努力で、直前にどれだけ汗をかこうが、それによる結果の変化は微々たるものである。

それよりも、普段からの継続した努力の方がよほど大事なのだ。

「デートだから」と意気込むのではなく、
普段から、毎日、だれと会っても大丈夫なくらい可愛くしていてほしい。
それを習慣化できれば、デートの時に洋服選びに焦る必要がなくなるのである。
普段通り、適当に洋服を着ればいいのだ。

また、自分をよく見せようと意気込みすぎると、かえって抜け感が出ないということもある。
「2番目に好きな男と会う時が一番こなれたファッションになる」
とかなんとか、聞いたことがあるが、まさにそれで、
あまり気合をいれずにゆるい気持ちで洋服を選んでほしい。

まとめ

まとめ
以上、無駄な時間を短縮させ、より有意義に時間を活用できるようアドバイスをさせていただいた。

  • ワンピースを活用すること
  • コーディネートを固定化させること
  • 普段どおりの服装でデートにいくこと、そのために普段から身なりを整えること

である。

明日以降、街にワンピースの女子が大量生産されるだろうと思っている。